読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ会議のVTVジャパン 社員ブログ

テレビ会議関連製品のマルチベンダー VTVジャパンの社員が最新情報とVTV社員の日常をお届けいたします。

いたるところにクラウドサービス

こんにちは、マーケティング部の北垣です。

最近、あらゆる場面でクラウドサービスの活用が見られます。私が利用しているスマホの写真データストレージサービスもクラウド。朝礼で利用する会議サービスもクラウド
そして、インターネットや社内でAWSというワードを耳にします。
Amazonクラウドサービスらしいということは把握しましたが、
隣に座っている新入社員に説明しなさいと言われると・・・なので調べてみました。

AWS
正式名称は「Amazon Web Services」、Amazonが提供しているクラウドサービスであ~る。
ストレージサービス、メール送信サービス、仮想サーバなどの機能があ~る。
利用した分だけ課金されるという料金形態なのでお手軽スタートできる感があ~る。
-------------------------
ここまでが私がインターネット検索して拾った情報です。
あまりにも漠然とした内容だったので、後ろに座っている開発チームリーダーに
初心者まるだしの質問をぶつけてみました。

AWSと他クラウドサービスの違いは?なぜAWSが注目されているのか?
(この時点で、他サービスとは何をさしますか?とつっこまれました)
Amazonが運用してきたものをサービスとして提供し始めたものがAWS
Amazonで長年の実績があるため安心感(信頼感)がある。
ユーザレベルなら、機能面ではそこまで他サービスとの違いはないと思う。
技術者・開発者には使い勝手が良い機能や仕様となっているためメリットがある。

Pexip社もAWSに対応すると発表したが、なぜAWSを選択したのか?
なぜでしょうね。
XenをカスタマイズしているのがAWS。アメリカ圏・ヨーロッパ圏で、AWSVMwareなど認知度の高いクラウドサービスが異なるのかもしれない。Pexipのパフォーマンスが一番よいのはVMwareだが、R&D担当者曰く、Xenでのパフォーマンスも悪くないとのこと。

というざっくりとした内容になりましたが、米粒ほどでも読んでいただいた皆様のお役に立つ情報になれば幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラウドサービスつながりで宣伝ふたつです。
その① VTVセミナー開催 12月9日(水)、10日(木)、11日(金)
東京・大阪オフィスで「Lifesizeクラウドアップデートセミナー」を開催します。また残席ある日にちもありますので、クラウドサービスを利用したビジュアルコミュニケーションツールにご興味ある方がいましたらふるってご参加ください。
▼お申込みはこちら

『Web会議の導入・買い替えをご検討中の企業様必見』 Lifesize クラウド アップデートセミナー|VTVジャパンのテレビ会議セミナー

www.vtv.co.jp

その②
VTVジャパン発行の「Visual Communication Guide vol.12」では、クラウドサービスとオンプレミスの徹底比較を特集しています。
ぜひお手元に1冊どうぞ! 絶賛無料プレゼント中です

テレビ会議総合情報誌「Visual Communication Guide Vol.12」プレゼント企画|テレビ会議のVTVジャパン

 

**********************
マーケティング
北垣 美喜子