テレビ会議のVTVジャパン 社員ブログ

テレビ会議関連製品のマルチベンダー VTVジャパンの社員が最新情報とVTV社員の日常をお届けいたします。

ソニーテレビ会議システム(PCSシリーズ)在庫売り尽くしキャンペーン実施中!

こんにちは、VTVジャパンマーケティング部の藤井です
本日より、ソニーPCSシリーズの在庫を特別価格にてご提供する「ソニーテレビ会議システム(PCSシリーズ)在庫売り尽くしキャンペーン」がはじまりました

www.vtv.co.jp



ソニーテレビ会議製品は2019年に生産終了となりましたが、いくつかの製品がまだ少し在庫があるようで、特別価格でのご提供を行うことになりました

ちなみにテレビ会議専用機は

の3機種で、専用機とセット販売が条件ですが、内蔵多地点接続用のソフトウェアをつけることができます

NW製品は

  • 多地点接続装置(MCU) PCS-MCS1

の1機種のみで、こちらも多地点接続用のソフトウェアがつけられます

それぞれ数に限りがあるため、完売したらキャンペーンは終了となります
今のソニー製品を使い続ける予定のユーザー様には最後の購入のチャンスです!
特別価格は製品によって異なりますので、まずはお見積もりをお出しします

ご検討の際はお早めにお問い合わせください

f:id:vtvjapan:20200226173240j:plain




---

最近VTVジャパンのインスタグラムの担当(その2)になりました
弊社の取り扱い製品はあまり「映え」ないため、あまり更新はできませんが、良かったら見てやってください(💛押してもらえたら励みになります!)

www.instagram.com



-----------------------------------
VTVジャパン株式会社
マーケティング部 藤井

OKBIZユーザー会に参加しました

こんにちは、マーケテイング部の大川です。
先週金曜日にFAQ管理システム製品開発会社・オウケイウェイヴさんのユーザー会に参加してきました。

VTVジャパンもこちらのシステムを使ってFAQページを運用しているのですが、大阪では年に1度ユーザー会が開催されています。
ユーザー会では、オウケイウェイヴさんの提供されている商品の紹介、そして実際にこのシステムを使われているユーザーさんの事例紹介、そして同席したユーザーさんとの交流があったりするのですが、お互いの抱えている悩みをざっくばらんに話せる貴重な機会です。

その中で紹介されたオウケイウェイヴさんのサービス「OKWAVE GRATICA」がユニークだったのですこし紹介したいと思います。

f:id:vtvjapan:20200217121116p:plain

thanks-economy.com

このOKWAVE GRATICAは「感謝の気持ちをカードを通して伝え合うサンクスカードサービス」というものです。
仕事で助けてもらったとき、何かしてもらったときに感謝の気持ちをメッセージカードというカタチにして同僚や上司、部下など社内で気軽に送り合えるシステムです。
カードは手描きのアナログ式ではなく、PCやスマホなどからアクセスしてデータとして送り合えるというもの。
これが意外と社員のモチベーションアップになったり、コミュニケーションが円滑になったりとけっこうな効果があるそうです。
しかもこのサービス、無料での提供らしいです!
なぜ無料なの?!と思ってしまいますが、これはオウケイウェイヴさんの企業理念「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」から来ているのでしょうか。。。
小さなことでも、人に感謝されるってうれしいですもんね。
VTVでも導入してみてもよいかも?!と話を聞いていて思いました。

あ!VTVジャパンのFAQページの紹介もこの場で、、、
こちらのFAQページ現在401ぺージ掲載しています。
新規ページの追加もマーケ部員がコンスタントにアップしています。
お客様の困った!をすこしでも解決できればと思います。ぜひご活用ください。

 

portal.vtv.co.jp

 

日が経つごとに、コロナウィルス感染が増えていますね。
中国からの旅行者もかなり減少していて大阪の繁華街も驚くほど空いています。
それほど中国の方が大阪に来られていたと思うと改めて大きな影響がでてきているなと感じます。
とにかく早く終息することを願って自分の免疫力アップに勉めようと思います。

------------------------------------------------
マーケティング部 
大川

Polycom Group500からMicrosoft Teamsに参加してみた

 

f:id:vtvjapan:20200214180548j:plain

こんにちは、マーケティング部の北垣です。
昨日今日の東京は2月とは思えない暖かさにしばしのコートからの解放感を味わいつつ、地球温暖化を心配する日々です。

 

さて、先月TechRepublicセミナーにてPexip社の方が講演されました。
講演最後にご紹介しました、Pexipの特長のひとつであるMicrosoft Teamsとの接続連携のデモンストレーションについて書きたいと思います。

f:id:vtvjapan:20200214152705j:plain

Pexip Serviceがゲートウェイとなり、Microsoft Teamsの会議室にサードパーティーテレビ会議システムが参加するという接続連携です。
会場側はPC(Wi-Fi接続)で、私はVTVジャパン会議室からPolycomテレビ会議システムで参加しました。

 接続方法はいたって簡単です。
主催者から開催日・コメント・会議室情報が記載された会議招待メールが送られます。

f:id:vtvjapan:20200214175727j:plain

今回はテレビ会議システムから接続するので「ビデオ会議デバイスで参加」という項目に記載されている会議IDをテレビ会議リモコンで入力し、発信ボタンを押すだけでMiscrosoft Teamsの会議に接続することができました。

f:id:vtvjapan:20200214181812j:plain

PolycomからTeamsの会議室に参加している状態です。資料共有も可能


自分で書いておいて何ですが、本当になんてことのない接続なのです。
言いかえれば、Pexip Serviceの技術が優れているので簡単に接続できたということなんです。(伝わるでしょうか)


 Microsoft Teamsとテレビ会議システムの連携方法をお探しの方はぜひお問い合わせください。

www.infinity-vtv.jp

------------------------
マーケティング
北垣

Lifesize Icon500発売記念キャンペーン

こんにちは、VTVジャパン マーケティング部の藤井です

本日よりLifesize Icon500の発売を記念して特価のキャンペーンをスタートしております


対象テレビ会議専用機が15~20%引き!
Lifesize 4K対応モデル Icon500発売記念キャンペーン

www.vtv.co.jp

 
キャンペーンはIcon 300、400、500、600、700の5つのIconシリーズ専用機を期間中に導入されたお客様に、15~20%OFFにてご提供するものです
プラス、クラウドサービスのLifesize Cloudも併せてご契約いただいた場合は、さらにお安くいたします!

Iconシリーズ、たくさんあるけど何が違うの?という内容を先日聞いたところ、Icon 300(スモール)、500(ミドル)、700(ハイエンド)は

①4K対応(300は資料共有のみ4K対応、4K対応機器のみ1対1のとき4K通信が可能)
H.323を搭載しておらず、Lifesize Cloudを介してのみ利用可能
③Icon 700は外部音声の端子を持っている
④それぞれクラスが上がるごとにカメラ性能が良くなってる
⑤Icon 300はPhoneHDが1台のみ、Icon 500、700はPhoneHDプラスマイクポッドが追加でき音声拡張ができる
⑥Icon 300はシングルモニター、Icon 500、700はデュアルモニターに対応

Icon 400、600との大きな違いは

フルHD対応
H.323搭載でオンプレミスでの対応も可
③PhoneHDの他、マイクポッドだけの利用も可能(操作はリモコン)

あたりでしょうか
詳細はお問い合わせいただければと思います


テレビ会議クラウドサービスでご検討のユーザーさま!
本キャンペーンは3/末までとなっております
ぜひキャンペーンサイトをご確認ください

-------------------------

先週2020年4月入社予定の学生さんとの懇親会に参加しました
弊社の他部署では新卒・中途の社員がいるのですが、我がマーケティング部はここ10数年新しいメンバーがおりませんでした(抜けるメンバーもおらず)
が、今年やっと新メンバーが入ることになり、とても楽しみにしています

懇親会ではラクレットチーズに大興奮し、美味しいお酒とおしゃべりで楽しく過ごすことができました
4月以降は新人さんもこのブログに参加予定ですので、その時はどうぞよろしくお願いいたします!


-------------------------------------------
VTVジャパン株式会社
マーケティング部 藤井

気になる!スマホからWeb会議参加した時のデータ消費量

こんにちは、本日はマーケ部山田が担当です。

f:id:vtvjapan:20200206171347j:plain

いつの間にこんなに使ったの!?

スマホでテレビ電話している人、増えましたね。

友達が高校生の子供たちと楽しそうにLineのテレビ電話でおしゃべりしているのを見ると、長年テレビ会議関連の職場にいる私には、かなり感慨深いものがあります。

ところで、スマホで使われているテレビ電話アプリ(BtoB向けのサービスはWeb会議アプリと言われますが)が使用するデータ量って、今、どのくらいなんでしょう。

映像と音声のデータを如何に小さく圧縮して、電話回線に乗せて送るか、その後、如何にスムーズに解凍して相手に表示するか、というテレビ会議開発者の苦闘を眺めてきた身としては、大変気になります。

(昔はその技術のすばらしさをよくデモトークに使いました。今は当たり前の技術になりましたね~、カガクの進歩って凄い・・・。)

 

ちょっと検索してみると、やはりまとめたページがありました。
こちらの記事にも書いてありますが、動画データの使用量って、被写体や見ている状況等で変わるのであくまでも目安ですが。

SkypeやHangoutは、1時間で1.5G~2G程度も消費するようです。

それに比べてLineは300MB程度、BtoBでもよく使われるZoomも200~300MB程度と前2つと比べると優秀ですね。

利用するアプリでこの辺りは差がありそうです。スマホをよく使う場合は、想定状況によっては検討項目にあがるかもしれませんね。

 

ちょっとした会話なら気を配る必要もありませんが、ビジネスなどの打ち合わせにWeb会議から参加される場合は、Wi-Fi環境でのご利用を推奨します。

データ量消費してしまう問題以外にも、より安定した環境で相手とスムーズに会話できるメリットがあります。

また、接続先が専用機やPCで参加している場合は、40インチモニタに自分の顔がどアップで写っている、なんてこともありますので、カメラアングルには注意してください。

大画面で手振れ映像をみるのも辛いので、少し離れたところにスマホをスタンドやクリップなどで立てておいて、参加されることをお勧めします。

 

時代と共に様々なツールが増え、コミュニケーション手段が広がっていますが、接続先の相手がどう思うか考えて配慮することは変わらないのかな、と思います。

 

弊社では以下のような資料もプレゼントしています。

ご興味ある方はこちらもどうぞ。

www.vtv.co.jp

 

---------------------------------------------------------------

マーケティング部 山田

 

在宅勤務の出番?!新型コロナウイルス感染拡大

f:id:vtvjapan:20200128114624j:plain

こんにちは、マーケティング部の大川です。
新型コロナウイルス感染に関する情報が毎日報道されていますね。
中国武漢で人から人への感染が始まったとされていますが、ちょうど春節と重なって多くの中国人観光客が日本にも観光で訪れています。
ドラッグストアではマスクが売り切れ続出!個数制限して売ってるとも報道されていました。
世界各国で感染者が確認され、日本も含まれていますね。
うがい、手洗い、マスク着用の基本的なことを行うことはもちろんですが、自分自身の免疫を下げないことがとにかく重要のようです。
なるべく早く寝て体力を落とさないようにすることが先決かもしれませんね。

さて、昨日のニュースで、感染予防のため在宅勤務を実施している企業が多いと紹介されていました。
1つの企業が取材を受けていて、Web会議を使って社員同士がコミュニケーションをとっていました。
こういった突発的な事態に在宅勤務ができる体制があるというのはおおきなメリットだなとつくづく感じます。
そしてWeb会議やテレビ会議などのツールを使うことで、ミスコミュニケーションを防いで業務に支障を出さずにすみます。

 2003年に流行ったSARSでは、香港をはじめとした海外への渡航が禁止されました。
その際にテレビ会議やWeb会議を使ってコミュニケーションを行った企業多数、コミュニケーションツールが大活躍しました。

 テレビ会議・Web会議はもちろん、チャット、SNSなど今ではさまざまな便利ツールが使える昨今。
在宅勤務やテレワークといったワークスタイルが当たり前のように定着する世の中になるのもすぐそこかもしれませんね。

 在宅勤務とは違いますが、VTVジャパンでは社内で当たり前のように毎日テレビ会議・Web会議で打ち合わせをして、ちょっとしたことを聞きたいと思ったときはWebexでチャットしてすっきりさせています。いやはや本当に便利な世の中ですね。
プライベートでも主な連絡はラインで行うことが多く本当に電話しなくなりましたね。
家の固定電話ってもはや無いに等しいんでしょうか。
1人暮らしの家だとおそらく固定電話ってないですよね。

今みたいに携帯電話がない時は、連絡は家の電話にかけていました。
家族のだれかが電話に出て取り次いでもらうということしてましたね。
お父さんとかお母さんが出たらどうしよう、とちょっとドキドキしたりして。
今では考えられませんね(笑)

------------------------------------------------
マーケティング部 
大川

ビジュアルコミュニケーションで働き方改革【育児と仕事の両立】

こんにちは、VTVジャパンマーケティング部の藤井です
働く母親がこの時期に恐怖するもの、私は自分の子の「インフルエンザ罹患」と「学級閉鎖」だと思っています(インフルエンザ罹患に関しては自分・家族も含みます)
これらに備えて春夏秋は有給休暇の使用を極力控えて冬に臨みます
我が家の子供たちの学校では学級閉鎖があるとメールでお知らせが来ます

先週長女(小学4年)のクラスが学級閉鎖になり、水・木・金と3日間学校が休みとなりました

f:id:vtvjapan:20200121141402j:plain

恐怖メールです(恐怖新聞みたいですね、ってご存じでしょうか?)


夫と協力のもと、私は金曜日のみ有給で乗り切ることができましたが、まだまだインフルエンザの終息までは気が抜けません…

学級閉鎖で自分の子は元気な場合は自宅で仕事ができたらいいのに、といつも思います
弊社でも在宅勤務ができたこともあるのですが、特別な事情のもと、事前の申請などが必要で、このような突発的な事態にはまだ対応していません
まずは今年のオリンピックで在宅勤務を検討しているようなので、そこから徐々に在宅勤務が普段使いになれたらいいなと願っています

VTVサイトにも、ビジュアルコミュニケーションを働き方改革に活かすとして「育児と仕事の両立」のページがあります

www.vtv.co.jp


働きたいと思っている母親は86%もいるが、子育てにかかる時間が多すぎて労働が継続できないというのがネックでなかなか両立が難しいのだそうです
都心部は特に出勤時間が結構な時間になるので、これがなくなるだけでも働ける時間は増えますし、今回の私のような学級閉鎖で家にいないといけないが子は元気、という場合も自宅で働く環境が整えば問題なく働けます

在宅でできる業務はある程度の制限があると思うので、すべての部署では難しいかもしれませんが、在宅勤務できる「働くカタチ」が当たり前に選択できる日が来るのを心待ちにしている今日この頃です

-------------------------------------------------------
VTVジャパン株式会社
マーケティング部 藤井