テレビ会議のVTVジャパン 社員ブログ

テレビ会議関連製品のマルチベンダー VTVジャパンの社員が最新情報とVTV社員の日常をお届けいたします。

フリーアドレス始めました。

こんにちは、マーケテイング部の大川です。
秋をあまり感じることはなく一気に寒くなりましたね。

さて、コロナの影響で働き方改革が急速に進み、これまでのワークスタイルから本当にがらりと変わりましたね。
さまざまな変化があった中でも特にリモートワークを実施したり、オフィス環境の見直しをする企業が増えたように思います。
オフィス環境の見直しでは、フリーアドレスの導入もその1つですね。

そんな中VTVジャパン大阪オフィスでは、10月からフリーアドレスを始めました。
なぜフリーアドレスを始めたかというと、社員同士のコミュニケーションを活性化させることが大きい理由です。
大阪オフィスメンバーは8名なので、フリーアドレスをするほどでは正直ないかもしれないのですが、それでも毎日違った人が隣り同士になることでちょっとした会話でお互いの意外な一面を垣間見れたり、どんな仕事を今進めてるのかを知れたりします。
あと、業務が終わったら使った席の掃除をして帰るというルールを設けているのですが、そうすることで社内をきれいに保つことにもつながっています。
…と、いろいろ語ってますが、実は私はデスクトップPCと2面モニターを使っているので固定デスクにさせてもらっています。
フリーアドレスが始まった最初はノートPCでやったりしたのですが、効率が全然違って、断念しました💦)

そんなフリーアドレスですが、今の普及率ってどれぐらいなんだろうと思いネット検索してみました。
フリーアドレスの導入率はなんと60.8%!(2022年10月)けっこう高い数値ですよね。
あと、オフィス出社率も53.6%とのことで、だいたい半分ですね。

記事の詳細は以下をご覧ください。

japan.cnet.com

フリーアドレスの普及はこれからも進むように思われますが、当然デメリットもあるわけで逆にフリーアドレスを廃止する企業もあるそうな。。。
Kokuyoさんが記事に掲載していました。

www.kokuyo-marketing.co.jp

 

いずれにせよ、社員が働きやすくて業務効率をアップできる環境が一番で、それぞれの企業に合ったスタイルが見つかればいいですね。


そして環境と言えば!テレワークと出社社員とのコミュニケーションにZoomやTeamsを使ったオンライン会議をするのは当たり前。ですよね?!
最近出社社員が会議室を使ってオンライン会議をする時、会議室環境が整っていなくてスムーズにいかない、とお客様からの相談が増えています。
オンライン会議に対応した会議室構築で簡単にだれでもすぐにZoom、Teamsのンライン会議始められますよ。
同じお悩みをお持ちの方はぜひVTVジャパンにご相談ください~!快適オンライン会議が実現します。

www.vtv.co.jp

------------------------------
マーケテイング部
大川

オンライン会議ツールでオフィス間常時接続するおはなし

こんにちは、マーケティング部の北垣です。

ここ最近「常時接続」に関するお問い合わせをいただいています。
取引先との会議・打ち合わせや社員間のコミュニケーション方法としてオンライン化が定着し、次に企業が目を向けているのが社内コミュニケーションの活性化です。
ここでいう「社内」はオフィス(場所)とオフィス(場所)のことです。

PCベースのオンライン会議ツールは会議や打ち合わせをするためだけのものではなく、
採用面接や会社説明会、ウェビナーなど利用シーンが広がっています。
常時接続も利用例のひとつです。

コストと導入の手軽さで敷居が低くなりましたが、常時接続用の構成や運用は十分に検討と検証することをおすすめします。

とある企業様では、各拠点にオンライン会議ツールアプリを入れたPC、Webカメラ、マイクスピーカーを準備して、本社・支社あわせて20拠点の同時接続を試みたところモニターでみる各拠点の映像が小さく、9拠点の様子はわかるけれど顔の認識まではできないことになったそうです。

各拠点の様子を確認できればいいという目的ならいいのですが、社員の在席確認やちょっとした打ち合わせなどをする場合は音声・映像の品質も確保すべき点です。


お客様が実現したいことを伺い最適なソリューションをご提案いたしますので
常時接続に関してお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

www.vtv.co.jp


弊社の活用事例をご紹介しています。よろしければご参考ください。

VTVジャパン社内活用例|テレビ会議の活用例|オンライン会議のVTVジャパン

 

昨日、最寄駅のロータリーに飾られたイルミネーションをみて冬になったのを実感したのでトップの画像も12月っぽいのを選びました。(文章と関連はありません)
もう年末かと焦りを感じつつ、街やお店がクリスマス仕様でキラキラするのを見るとワクワクする気持ちがあったり。
ワクワクする気持ちを大事にしたいと思います。

----------------------------
マーケティング
北垣

オンライン会議の資料を簡単にダウンロード!

こんにちは、VTVジャパン マーケティング部の藤井です
先日リモートワーク中に学校から帰ってきて勉強をしていた娘がいきなり

「The park is a dangerous place!!!!」

と言い始めたので、「え?」とびっくりしていたところ💦
👇英語のテキストを音読したようでした
問題の文章・・・ 治安、良くないのかしら・・・


-----

以前よりVTVサイトではオンライン会議に関する資料をダウンロードできるようにしておりましたが、この度、社内で「訪問してくださった方には、興味のある情報は自由に閲覧できるようにしてもいいのではないか」という意見があがりました

ということで、今まではフォーム入力をしないと閲覧できなかった資料をいつでも気軽にご覧いただけるような環境に変更しました

www.vtv.co.jp


今現在サイト内でフリーでダウウンロードできる資料は下記👇です!

【VTVサイト】ダウンロード資料一覧


人気は「会議室からMicrosoft Teams会議に参加するには?」と「Zoom Rooms導入支援ブック」の2つです
ここ最近はZoom RoomsやTeams Roomsでの構築が人気なので資料もそんな感じなのでしょうね

ちなみに弊社で発行している情報誌は冊子での発行のため、お申し込みは今まで通りフォームからとなっています(郵送のため宛先が必要なので・・・)
こちらもぜひご一読いただけると嬉しいです

www.vtv.co.jp
すべて無料でご提供しております!ぜひ御社のオンライン会議のリプレイスや問題・課題解決などにお役立てください


-------------------------------------------
VTVジャパン株式会社
マーケティング部 藤井

Teams Roomsのウェビナーを開催します!【2022年11月24日(木)】

こんにちは!VTVジャパン マーケティング部の中野です。

本日は「Teams Rooms」オンラインセミナー(ウェビナー)のお知らせです!

Teams Rooms|デモンストレーションセミナー
会議室に合わせてカメラ、マイクをセレクトできるTeams Rooms「VTV edition」の性能を比較体感いただけます!

開催日時

2022年11月24日(木)16:00~16:45

開催場所

オンライン(Zoomウェビナー)

参加費

無料

こんな方におすすめです!

・Teams Roomsの品質を体験したい
・Teams Roomsの操作感を知りたい
・Teams Roomsがどのようなものなのか知りたい
・Teams Rooms対応製品を知りたい

お申込みはこちらから!

見どころ

VTVオリジナルTeams Roomsパッケージ製品「VTV edition」の品質や操作性を比較体験いただけます!
【Teams Rooms VTV edition】
・小会議室向け TYPE-S2
・中会議室向け TYPE-M1
・中会議室向け TYPE-M3

このほかにも、Teams Roomsの基本操作(会議参加、会議予約、操作方法)などもデモンストレーションでわかりやすく解説!
Teams Roomsがどんな製品なのか余すことなくご体感いただける内容になっております。

プログラム

①Teams Roomsとは、どんな製品なのか
 ・Teams Roomsとは何か?
 ・Android版とWindows版の違い
 ・Teams Roomsを導入メリットとは?
 ・Teams RoomsからZoom会議・Webex会議への接続方法
 ・VTVで取扱うTeams Roomsの紹介

②【デモンストレーション】Teams Roomsの基本操作(Windows版)
 ・即時会議、予約会議の開催方法
 ・タッチパネルコントローラーの操作方法
 ・画面分割、資料共有のやり方

③【デモンストレーション】会議室に合わせてカメラ、マイクをセレクトできるTeams Rooms「VTV edition」のご紹介と比較体験

参加お申込み

セミナーは事前登録制です。参加を希望される方は、プライバシーポリシーをご確認いただき、同意を頂いたうえでご登録をお願いいたします。

Teams Roomsデモンストレーションセミナーに参加登録する

続きを読む

Shure IntelliMix Roomのノイズ除去機能って?

こんにちは、マーケテイング部の大川です。

VTVジャパンでは、オンライン会議に対応する会議室構築を提案・サポートしています。
お客様の理想とする会議室を実現すべく、音響・映像・オンライン会議などさまざまなシステムから最適なアイテムを組み合わせて提案しているのですが、今日はその中からShureの音響システムをご紹介したいと思います。

みなさんはオンライン会議中に、ちょっとした「ノイズ」が気になることってありませんか。
キーボードのタイピング音、ノートや資料をめくる音、ボールペンのカチカチならす音…通常の会議では特に気にならないノイズもオンライン会議では、このようなノイズも集音してしまいます。

そんなノイズを除去してくれる機能を持つシステムがあるのですが、それがShure IntelliMix Roomなんです。

Shure IntelliMix Roomは、会議用オーディオ・プロセッシング・ソフトウェアなのですが、ノイズキャンセラー機能やAI Denoiser(AIデノイザー)機能を搭載しています。

ノイズキャンセラーは、エアコン、プロジェクタやPCのファンの音といった定性で音が出るノイズを除去してくれ、AI Denoiserは、タイピング音、紙めくり音やペンのカチカチ音を見事に消してくれます。
これらの機能があることで、話者の声は明瞭でクリアに聞こえてストレスなくスムーズに会議ができる、というわけです。

実際どうなの?とお思いの方もいらっしゃるかと思います。そんな方には…
Shureジャパンさんが作成された動画で一度体験してみてください!

www.youtube.com

 

VTVサイトでShure IntelliMix Roomの機能についてご紹介しています。ぜひご一読ください!

www.vtv.co.jp

あっという間に10月も下旬。秋も深まってきました。
食いしん坊なので、秋と言えば「食欲の秋」な私です。
ゴールドステッカー飲食店応援事業ということで、大阪ではプレミアム食事券が発売されていますが、第一弾の申し込みで食事券ゲットしました。
実質3割引きで食事ができるので、お得においしい秋の食事を楽しみたいと思います♪


------------------------------
マーケテイング部
大川

会議の時間とは

こんにちは、マーケティング部の北垣です。

オンライン会議のあるあるに、予定時間通りに会議を開催できないということがあります。
会議時間とは、会議が開催される時間から終わりまでをいいます。
とはいえ、前の会議室の予定があり会議開始2分前にやっと会議室に入れた。
マイクスピーカーをテーブルにセットして、PCに接続して、あれ?つながらない。おかしいな、と準備に時間を取られて5分推しで会議がスタート・・・。
こんな場面、心当たりありませんか。

そもそも会議室がオンライン会議用に構築されておらず、オンライン会議準備の手間と時間がかかっている企業もあるようです。
「ずっとこのやり方だから仕方がない」、「どうにかして欲しいけど自分は関わりたくない」、「準備は若手がやるって、誰でもできるようにしてくれればいいのに」などなど思いながら利用している社内ユーザーもいるのではないでしょうか。
ユーザーの不満が解消すれば会議の成果も大きく変わるとは言いませんが、
利用しやすい、会議しやすい環境を作ることでマイナス要素を減らすことはできます。

・会議準備を楽にしたい
・会議の音声・映像品質を良くしたい
・こんなことができたらいいのに
など会議環境について問題・課題がありましたらお気軽にぜひご相談ください。

お問い合わせ|テレビ会議のVTVジャパン

 

さて、弊社ウェブサイトの新規コンテンツをご紹介します。
「オンライン会議のカオス化」、なんとなく納得するところがありませんか。

www.vtv.co.jp


靖国通り沿いの歩道には銀杏の実が落ちて独特の匂いが漂っています。
これもこの時期ならではと思い、秋を感じています!

----------------------------
マーケティング
北垣

Microsoft Ignite 2022に行って「コンテンツカメラ」をみてきました

こんにちは、VTVジャパン マーケティング部の藤井です
本日はMicrosoft Ignite 2022に行ってきました(日本会場です)
最近はコロナの影響もあってウェビナー中心でしたが、久しぶりに会場に出向いてのイベントに参加でちょっとドキドキしながら行ってきました

登録時にダウンロードした画像(Twitter用?)

主にMicrosoft Teams Roomsを見てきました
入ってすぐにTeams Roomsのセッションがあり参加させていただいた中で、Webでの情報でしか知らなかった「コンテンツカメラ」を実際に見ることができました

デモではロジクールのSCRIBEというホワイトボード用のカメラが使用されていました

www.logicool.co.jp

このカメラでホワイトボードを映すと、ボードに記載された内容をカメラが検出して、ボードの前に人がいても人の映像を透過してボードに何が書いてあるかちゃんと映し出してくれるのです


www.youtube.com


今回は展示場という特性上、スポットライトで照らされ過ぎて薄く表示される人間がほぼ透明まで透過されており、文字だけが書き込まれるというちょっとホラーな感じも良かったです(普段はここまで透明ではないとのことでした💦)

このコンテンツカメラはオンライン授業で先生が黒板に板書しているときに「先生じゃま~」と言われずに済むようで、教育関係に好評とのことでした

ロジクールのSCRIBEは角度が結構あるので他のコンテンツカメラと比べて人が映りこまないデザインになっているそうです
カメラのデザインもオシャレではじめはスポットライトかと思っていました

ちなみにロジクールではこのSCRIBEのほか、WebカメラBRIOとC930Eはコンテンツカメラに対応しているとのことでした(他のメーカーさんのは聞きそびれました)
SCRIBEはカメラに機能が搭載されており、Webカメラの方はアプリ側での対応になるようです

コンテンツカメラ機能、今のところはWindows版のTeams Roomsのみ対応だそうです


他にもスケジュールパネルなど面白いものがあって、質問もいろいろさせていただき、とても充実した時間を過ごすことができました
リアルイベント、やっぱりいいなぁとちょっと感じた一日でした

------------------------------------
VTVジャパン株式会社
マーケティング部 藤井