読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ会議のVTVジャパン 社員ブログ

テレビ会議関連製品のマルチベンダー VTVジャパンの社員が最新情報とVTV社員の日常をお届けいたします。

VTVジャパン開発チーム

こんにちは。マーケティング部の大川です。

早いもので今日から8月です。夏まっさかりで毎日暑い日が続きますね。
このごろは最高気温が35度越えも当たり前?!のようになって、
熱中症にはくれぐれも気をつけたいものです。

 

さて、今日は4月に入社した開発チームのYくんについて少しお話したいと思います。
まず、開発チームとは・・・?
VTVジャパンには、開発チームという部署があります。
「開発」と言う名の通り、製品の企画・開発を行っています。
とはいえ、1からテレビ会議システムを作るのではなく、テレビ会議システムと連動
するような仕組みを持たせたツールやプログラムといったソフトを主に開発しています。

 

今まで開発チームが手がけたシステム開発製品の中にLive VC NaviEazyTouchがあります。
この2製品はそれぞれはまったく違うシステムなのですが、
どちらにも共通していることは、お客様のニーズから生まれた製品ということです。
テレビ会議でこんなことがしたい」と思っても実際販売されているシステムには機能が存在しなかったり複雑な構築になっていたり。。。
こういった場合に、オリジナルで要望をかなえるシステムを開発し、お客様に提供しています。

 

さて、その開発チームに今年4月に入社したYくんが加わり3名になりました。
Yくんが入社する前、はたしてどんな人なのか?と少し話題に上ったことがありましたが、風のうわさ?で「将棋6段」ということが分かりました。
将棋6段?それはすごい・・・!
将棋は分からないけれど、とにかく6段はすごい位だということだけは分かります。
実際入社してしばらくしてYくんに確認したところ、6段という答え。
おお、やはりすごい!!
ただ、本人に教えてもらったのですが、
プロの6段とアマの6段は違うものらしく、本人曰くまだまだ、だそうです。
とはいえ、6段の位までいくのはなかなかの腕前だと思います。

 

そんなYくんにご教授いただいて、一局お願いしようと考えています。
将棋は、先の手や戦略を何パターンも考えて相手の出方を見て探り合っていると思います。精神を集中させて脳をフル回転して・・・
将棋をすれば、仕事の段取りや考え方にもプラス効果が生まれるのではないでしょうか。
将棋を打つだけで頭がよくなる錯覚に陥りそうです。

まずは、私は将棋をルールを覚えるところからですが!(笑)
(王手!っとパシッっとキメたいなー)

f:id:vtvjapan:20140801144406j:plain

↑こぼちゃんにでてくるイメージのYくん。(そう思ってるのは私だけ?!)


------------------------------------------------------------------------------------------------
マーケテイング部
大川 香織