読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ会議のVTVジャパン 社員ブログ

テレビ会議関連製品のマルチベンダー VTVジャパンの社員が最新情報とVTV社員の日常をお届けいたします。

Skypeをビジネスで利用する弊害をひとつ発見

こんにちは、マーケティング部の藤井です
今日会議中にとても興味深い話を聞きました

Skypeって通話を録画してるんだよ~」

えっ??そうなんですか??

「映像や音声とか送った資料とか全部!外部に出すことはないと思うけどね」

この話をしてくれた営業企画のBOSSは人づてにこのことを聞いてSkypeの規約を読んだそうです
ということで、会議が終わって私も今規約を見てみたところ・・・みつけました!


Skype利用規約

5. ソフトウェア、製品、Skype Webサイトの使用
5.7 通信コンテンツ

のところです
ちなみに結構なテキスト量だったので、5項目目にあって良かったです・・・
一瞬読むのやめようかと思ってしまいました

意訳するとSkypeを使って送信したコンテンツ(あらゆるメディア、とありました。つまり映し出された映像やしゃべったりした音声やら共有した資料やらってことですかね)はSkapeのサーバーに保存されて、そこから接続相手に送信してます

って感じでしょうか、ちょっと大雑把ですかね(違っていたらスミマセン)
保存することに同意しているとみなされている、って・・・
本当はこういう規約はしっかり読まないといけないんでしょうけど、つい目も通さずに「同意する」にチェックしてしまいます、私

プライベートならたいしたことも話していないし、漏れてもかまわない内容なのかもしれませんが、ビジネス利用となると、やっぱりそうはいかないですよね
顧客情報流出事件とかもありますし・・・(ちょっと前にあった通信教育の会社とか・・・うちも漏れてました)

よくお客様からの声に「ビジネスでSkypeじゃだめなの?」とありますが、セキュリティポリシーの厳しい会社だとダメかもしれませんね

 

--------------------------------------------

VTVジャパン株式会社

マーケティング部 藤井