読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ会議のVTVジャパン 社員ブログ

テレビ会議関連製品のマルチベンダー VTVジャパンの社員が最新情報とVTV社員の日常をお届けいたします。

電話会議とテレビ会議

こんにちは、マーケティング部の北垣です。

前回のブログで電話会議ユーザーのことについて書きました。
読んでない方はこちらをどうぞ 「電話会議ユーザーに話を聞く

さて、今回は電話会議とテレビ会議の比較をしてみます。
弊社ウェブサイトでもテレビ会議とWeb会議の比較はしたことありましたが、
電話会議を取り上げたことはありませんでした・・・
一般的なとこになってしまいますが下記をご参照ください。
※私の認識による比較です。ご了承ください。

f:id:vtvjapan:20140410150604j:plain



大きな違い2つあります。
ひとつは、費用面です。
最近ではテレビ会議のIP化が一般的になり月々の費用が固定となってますので、
ISDN時より通信費用を削減でき、また年間の予算計画がしやすくなったという声を良く聞きます。
一方、電話会議は会議時間=通信費となります。
2時間ならば2時間分、2時間30分ならその分の通信費がかかります。
通信費を気にしない企業なら何もいうことはありませんが・・・。

もうひとつは音声のみか、それとも音声+映像で会議をするかということ。
音声+映像のテレビ会議に慣れている私には、電話会議だと臨場感に
物足りなさを感じるのではないかと思います。
もちろん担当者間でのちょっとした打ち合わせや連絡・伝達などは
電話会議でも問題ないと思いますが、会社トップが集まる経営会議や
営業会議など内容が重い会議や重要な会議時にはテレビ会議の方が会議の充実度が増すと思います。
話者はどんな表情をしているのか、受け止める側の様子はどうなのか、
他会議メンバーの反応はどうなのか等々視覚で確認できるほうが会議への
参加意識や集中度も増すと思います。

その他項目はご参考程度にご覧ください。
利用人数は、会議によって異なるため○△×を記載しませんでした。
最近ではテレビ会議もモバイル端末との接続互換もあたりまえとなってきました。
場所を選ばず、通信費も気にせず、接続する機器も選ばず、あらゆることが便利になってきましたね。
遠隔会議ツールはどこまで進化そして変化していくのでしょうか。
さらなく最新技術と発展に期待します。

喫茶店 喫茶店 喫茶店
マーケティング部
北垣 美喜子